HOME業務・サービス > 受託測定
業務・サービス 受託測定

弊社デモ用分析装置を用いまして、試料測定を承ります。
下記の分析方法より選択し注意事項を確認してお申込みください。
高真空中で、赤外線加熱により室温から1200℃までのクリーン加熱による昇温脱離測定が可能。新しいソフトウェアにより、H2OやCO、CO2などの脱離種の定量化の信頼性が大幅に向上。粉末試料も測定可能です。
高周波誘導加熱により、サブゼロ温度から1700℃(溶解温度以上)までの超高温度領域までの昇温脱離測定が高真空で可能。ガラスやセラミックスも測定可能。ガラスは融液状態でのガス放出も測定できます。
300-120nmの紫外光から真空紫外光を波長走引しながら試料に照射し、脱離成分を計測。極最表面の吸着成分や官能基の情報を得ることができます。