メニュー

会社概要

事業紹介

当社は分析機器メーカーで、現在主に昇温脱離分析装置(TDS)を開発、製造、販売しております。TDSとは超高真空中で加熱/昇温することにより材料表面から発生したガスをモニターすることにより、表面の不純物の評価や材料そのものの成分を調べることが可能な質量分析装置で、現在半導体、液晶、有機EL、電気、鉄鋼、自動車、セラミック等様々な分野にて、材料の研究や製造工程での評価、そして品質管理に使われております。

特に当社のTDSは試料のみ加熱ができるためバックグランドが低く、非常に分析が難しいとされる水素、水、酸素等の低質量分子を高感度に分析することが可能で、国内外から高く評価されております。

また独自の脱離ガス定量プログラムを活かし、研究機関や企業からの分析業務を受託しており、広く研究と品質管理をサポートしています。

代表ご挨拶

津村尚史電子科学株式会社代表取締役社長津村尚史

電子科学株式会社は1978年(昭和58年)7月に小型質量分析メーカーとしてスタートしました。

創業以来「先端技術分析に於ける技術革新、知識の集約化や高付加価値の追求、地球資源環境保全などさまざまな分野に応用できる製品を開発し、提供することにより皆様の技術開発、商品にお役に立ちます」を経営理念とし、当初は半導体向けであったウェーハ発生ガス分析装置をもとに、本TDSを国内外の半導体、液晶、有機EL、電気、鉄鋼、自動車、セラミック等さまざまな産業分野に提供してまいりました。

今回、同じモノづくり企業であるジェイテックコーポレーションのグループ傘下に入り、当社のTDSの営業拡大や製造の効率化を図るだけでなく、当社の得意とする「真空・熱・質量分析」とジェイテックコーポレーションの「自動化・ナノ計測・ナノ加工」をキーワードに新たな製品を創出し、シナジー効果により、さらに広く社会に貢献してまいります。

会社概要

商号 電子科学株式会社
所在地

〒180-0013 東京都武蔵野市西久保1-3-12 オークビル3F(JR中央線三鷹駅徒歩5分)

TEL

0422-55-1011

FAX

0422-55-1960

設立 1978年7月1日
資本金 5,000万円
事業内容 1) 理化学機器および医用機器の製造販売
2) 理化学機器および医用機器の輸入販売
3) 前項に付帯する一切の事業
決算期 毎年3月
代表取締役 津村尚史
取引銀行 三井住友銀行三鷹支店
多摩信用金庫武蔵野支店
  • 製品についてご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
  • お問い合わせ

Copyright© 電子科学株式会社All Rights Reserved. login