メニュー

会社概要

事業紹介

私たちは分析機器のメーカーで、昇温脱離分析装置を開発・製造・販売しています。

 

昇温脱離分析装置とは「ものづくり」に使われる材料を分析するための装置です。材料を宇宙空間以上の真空に入れて温度を徐々に上げていき、表面に付着していた不純物、中に取り込まれていた物質、材料そのものの分解物などを調べます。これらを調べることで材料をより良いものにするための方法を検討することができます。半導体、液晶、有機EL、電気・鉄鋼・自動車・セラミックスなど多くの分野で材料の研究や、製造工程の評価、品質管理のために使われています。

 

日本の材料がないと世界の製造が止まってしまうといわれる時代です。その研究と品質の管理を私たちがサポートしています。

代表ご挨拶

宮林延良電子科学株式会社代表取締役宮林延良

代表取締役の宮林でございます。
電子科学株式会社は1978年(昭和53年)7月に小型質量分析装置メーカーとしてスタートいたしました。

 

創業以来「先端技術分析に於ける技術革新、知識の集約化や高付加価値の追求、地球資源環境保全などさまざまな分野で応用できる製品を開発し、提供することにより皆様の技術開発、商品開発のお役に立ちます」を経営理念とし、当初は半導体向けであったウェーハ発生ガス分析装置を、現在ではさまざまな分野で応用できる昇温脱離分析装置としてご提供できるようになりました。

 

私たちの役割の基本は「日本のものづくり企業」のための製品づくりですが、それらの企業の海外展開に合わせて、私たちの装置の海外への輸出も増えてまいりました。

 

私たちは「五常の徳(仁義礼智信)をもって業をなす」を社是とし、日々努力をしております。リーマンショックで半導体関係のお客様からの受注が激減したとき、時を置かず、電子部品、鉄鋼、ディスプレイ関係のお客様からのお問合せが増え始めました。

 

運が良かったと感じますが、さまざまな分野で情報収集や人脈作りをしてきたことがベースとなっております。人脈を大事にしていれば、転機が訪れたときの対応が間違いなく早くできます。そのためにも五常の徳を忘れないことが大切だと考えています。

 

私たちはこれからも「真空・熱・質量分析」をキーワードに新たな分析装置を世に出していきます。「ものづくり」のため、お客様に必要とされる装置を提供し、保守サービスの充実に努めます。お客様のニーズにお応えすることで豊かな社会の実現に尽力してまいります。

 

引き続きご支援いただけますようお願い申し上げます。

会社概要

商号 電子科学株式会社
所在地

〒180-0013 東京都武蔵野市西久保1-3-12 オークビル3F(JR中央線三鷹駅徒歩5分)

TEL

0422-55-1011

FAX

0422-55-1960

設立 1978年7月1日
資本金 5,000万円
事業内容 1) 理化学機器および医用機器の製造販売
2) 理化学機器および医用機器の輸入販売
3) 前項に付帯する一切の事業
決算期 毎年3月
代表取締役 宮林延良
取引銀行 三井住友銀行三鷹支店
多摩信用金庫武蔵野支店
  • 製品についてご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
  • お問い合わせ

Copyright© 電子科学株式会社All Rights Reserved. login