メニュー

赤外線吸収率の低いサンプル

赤外線吸収率の低いサンプル

赤外線加熱型の装置において、ガラスなどの赤外線透過率が高い材料や、金めっき皮膜などの赤外線反射率が高い材料は、赤外線による加熱効率が著しく低いため、間接的に加熱する必要があります。

 

例えば、板ガラスサンプルや全面が金めっき皮膜で覆われた板状サンプルの場合は、SiC焼結体試料ステージ(赤外線吸収体)にサンプルを載せて加熱します。

赤外線透過率の高い粉体サンプルの場合は、脱ガスの少ない特殊なカーボンを使用して加熱します。

  • 製品についてご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
  • お問い合わせ

Copyright© 電子科学株式会社All Rights Reserved. login